FC2ブログ

シバタ歯科Drブログ

歯科医師による、勉強会、セミナーなどの記事中心!
2013年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年10月
ARCHIVE ≫ 2013年10月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2013年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

世界手洗いの日

こんばんは。岩泉です。

今日、浜松医科大学の手術室で思わず笑ってしまうようなポスターがありました。



ユニセフの世界手洗いの日のポスターです。

歯科医師も診療の時にはグローブ(ゴム手袋)をしますが、グローブをしていても指先だけしか洗っていない手で診療されるのは嫌ですよね。
グローブを患者さまごとにかえるだけでなく、手も洗っています。

大学の歯学部でも正しい手洗いの勉強をします。
学生時代の実技試験にも正しい手洗いの問題があります。

そのくらい手洗いは大事にされています。


私たちだけでなく、帰ったら手洗いうがいは大事です。
風邪をひかないためにも手洗いですね!


世界手洗いの日は10月15日でした。

以下引用です。

手洗いは、誰にでもできる衛生のいちばんシンプルな、でも実はとても大切な取り組み。世界で、5歳の誕生日を迎えずに、命を終える子どもたちは年間660万人。その原因の多くは、予防可能な病気です。

私たちの生活には、当たり前にある水やトイレ、そして食事・・・ それらが不足しているために、不衛生な環境や生活習慣を強いられ、下痢や肺炎にかかって命を失う子どもたちが約170万人もいます。

もし、せっけんを使って、正しく手を洗うことができたら。 年間100万人もの子どもの命が守られ、また、下痢によって学校を休まなければいけない子どもたちが大幅に減ります。


自分の体を病気から守る、最もシンプルな方法のひとつが、せっけんを使った手洗いです。

正しい手洗いを広めるため、国際衛生年であった2008年に、毎年10月15日が「世界手洗いの日」(Global Handwashing Day)と定められました。



さようなら~
スポンサーサイト
つぶやき | Comments(3) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。