FC2ブログ

シバタ歯科Drブログ

歯科医師による、勉強会、セミナーなどの記事中心!
2019年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年04月
TOP ≫ CATEGORY ≫ つぶやき
CATEGORY ≫ つぶやき
       次ページ ≫

E-ライン・ビューティフル大賞



日本成人矯正歯科学会が毎年選出する「E-ライン・ビューティフル大賞」に、今年は女優の吉本実憂さんが選ばれたそうです

E-ラインとは、横から見て鼻と顎を結ぶラインで、そのラインに唇の端がくるのが理想的と言われています
実際はそれより少し奥のほうがいいそうですが。

吉本さんは、自信につながったとコメントしていました。

見た目にも機能的にも矯正治療は有効となりますが、矯正器具つけている間は憂鬱ですよね

でも、今、日本矯正歯科医会では「ブレーススマイルコンテスト」つまり矯正器具をつけたスマイル写真コンテストをしています

過去の受賞写真(←クリック)を見ても、矯正器具がアクセサリーみたい!いい笑顔ですね!

9月末まで応募できます(←クリック)
つぶやき | Comments(0) | Trackbacks(-)

trick or treat!!


今日はハロウィン。シバタ歯科小児センターでは毎年おなじみのむし歯になりにくいお菓子(キシリトール使用)が配られました!

恥ずかしそうに受付でトリックオアトリートと言う子供たちがかわいかったです。
写真撮り忘れた(ーー;)

お菓子が歯に悪いとわかっていても子供たちからお菓子を取り上げるのはかわいそうですよね。
シバタ歯科ではそんな子供たちのためにキシリトール100%のタブレット(ラムネ菓子のよう)の販売もあります。


あと明日から11月。酒井先生が浜松医科大学医学部附属病院へ麻酔科研修の出向です。

診療後に同期の高地先生がさみしがって同期の写真が撮りたい。グループLINEの画像にしたい。とつぶやいていました。

しかしもう一人の同期である神谷先生は今日いません。

そこで無理に同期写真を作りました。



酒井先生がんばってね。
つぶやき | Comments(0) | Trackbacks(-)

歯医者のイメージ

他の歯科医院ってどんなブログ書いてるんだろうと思って調べようとしたら予測が。



ネガティブワード(*_*)

欧米では、人の印象をよくするためには笑顔が大事!よい笑顔のためには白いきれいな歯が大事!と小さいころから教育されており、歯医者に行くことは一種のステータスだそうです。

かくいう日本は、古くから「歯を見せるなみっともない」文化。
口の中はだれにも見せない陰の部分というイメージなのかな。


つぶやき | Comments(0) | Trackbacks(-)

人生でつらいことランキング

人生で辛いことアンケートを指数化、ランキングにしたノルウェーの報告を目にしました。


人生で辛いこと、、、私にとっては家族や友人の死ですかね、、、
と思って見てみると、

やはりTOP5は身近な人(親、配偶者、子どもなど)の死で埋められていました。


そしてTOP10までに離婚や別居、収入の減少があります。

TOP15までに人間関係でのトラブル、失業が入り、、、

なんと16位には初めて入れ歯をいれること、19位には歯の喪失が入ります。


結構上位だな、と思いませんか?



治療とは言え、その精神的苦痛は多大なものだろうと感じる場面は多々あります。


しかしどのくらいの苦痛かというのは漠然としています。

指数化されることにより、入れ歯をいれることは失業と同じくらい、抜歯をすることは親戚とのトラブルと同じくらい辛い可能性があるということはわたしの中でかなりの衝撃でした。


保存の難しい歯でも自分の体の一部です。

歯を抜かれて平気な方はいないと思います。その気持ちを少しでも理解し、軽減できるといいです。



通りすがりの花菖蒲。
子供の頃って絵の具とか洋服とか周りに色があふれていたけど、大人になるにつれ地味色に囲まれるようになるからか、時が経つごとにお花の色が目に染みてきれい。



紫陽花も。梅雨ですね。はやくあけろ~(._.)


つぶやき | Comments(0) | Trackbacks(-)

世界手洗いの日

こんばんは。岩泉です。

今日、浜松医科大学の手術室で思わず笑ってしまうようなポスターがありました。



ユニセフの世界手洗いの日のポスターです。

歯科医師も診療の時にはグローブ(ゴム手袋)をしますが、グローブをしていても指先だけしか洗っていない手で診療されるのは嫌ですよね。
グローブを患者さまごとにかえるだけでなく、手も洗っています。

大学の歯学部でも正しい手洗いの勉強をします。
学生時代の実技試験にも正しい手洗いの問題があります。

そのくらい手洗いは大事にされています。


私たちだけでなく、帰ったら手洗いうがいは大事です。
風邪をひかないためにも手洗いですね!


世界手洗いの日は10月15日でした。

以下引用です。

手洗いは、誰にでもできる衛生のいちばんシンプルな、でも実はとても大切な取り組み。世界で、5歳の誕生日を迎えずに、命を終える子どもたちは年間660万人。その原因の多くは、予防可能な病気です。

私たちの生活には、当たり前にある水やトイレ、そして食事・・・ それらが不足しているために、不衛生な環境や生活習慣を強いられ、下痢や肺炎にかかって命を失う子どもたちが約170万人もいます。

もし、せっけんを使って、正しく手を洗うことができたら。 年間100万人もの子どもの命が守られ、また、下痢によって学校を休まなければいけない子どもたちが大幅に減ります。


自分の体を病気から守る、最もシンプルな方法のひとつが、せっけんを使った手洗いです。

正しい手洗いを広めるため、国際衛生年であった2008年に、毎年10月15日が「世界手洗いの日」(Global Handwashing Day)と定められました。



さようなら~
つぶやき | Comments(3) | Trackbacks(-)