FC2ブログ

シバタ歯科Drブログ

歯科医師による、勉強会、セミナーなどの記事中心!
2018年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年02月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 役立つ情報
CATEGORY ≫ 役立つ情報
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

WHOの砂糖摂取量ガイドライン

今年、WHOから新たに「成人と小児のための砂糖摂取量ガイドライン」が発表されました。



これまでのガイドラインは、フリーシュガーの摂取上限量は総エネルギー量の10%未満」と定義されていましたが、今回「総エネルギー量の5%未満」とする条件付きの推奨が加えられました

(フリーシュガーとは砂糖だけでなく、ハチミツや果物など天然の糖も含みます)

これはむし歯と肥満に関する研究結果に基づいており、口の中だけでなく全身の健康増進につながります

これが結構きびしくて、最多量摂取できる男子中高生で34g(ティースプーン7杯)
缶ジュース1本でもう1日のフリーシュガー上限量をオーバーしてしまうのです

明らかに甘いお菓子やジュースだけでなく、フリーシュガーは煮物などの料理にも含まれます。

まずはフリーシュガーコントロールの一歩として、ジュースを砂糖の含まれていない飲み物に変えてみてはどうでしょうか
スポンサーサイト
役立つ情報 | Comments(0) | Trackbacks(-)

歯と口の健康習慣

今日6月4日から、む(6)し(4)にちなんで「歯と口の健康週間」が始まります

ちなみに10日まで。
なんの一週間かと言うと、、

国民に歯と口の健康に関する正しい知識を普及させ、適切な習慣を定着、早期発見早期治療、歯の寿命をのばすため、イベントが各地で行われるそうです

残念ながら岡崎ではゲームやショーなどのイベントの開催はないようですが、げんき館でパネル展をするそうです



その後はシバタ歯科に来たくなるはず




衛生士の原さんが毎年朝礼のスピーチでおすすめしている茶臼山高原の芝桜を見に行った
圧巻!だけど半分はハゲ山になっていた。
役立つ情報 | Comments(0) | Trackbacks(-)

子を産めば歯を失う?

子を産めば歯を失うとか、妊娠出産にはカルシウムが必要で歯が弱くなるとかいう言い伝えがありますよね。

本当なのでしょうか?

妊娠中の口の中の問題のほとんどは、きちんとした食生活や口の中の管理ができていれば悪化することはありません。


でも妊娠すると、、、

①女性ホルモンの分泌増加により口の中の環境が変わり、むし歯や歯周病が起きやすくなる

②つわりにより歯磨きができない

③妊娠初期は酸っぱいものを好んだり、つわりによる胃酸の逆流で歯が溶ける

④ライフスタイルが乱れ、栄養摂取が偏る。少量を何度も食べる。

ということが多くなり、お口の中に問題がでてきます。

しかも
妊娠期間の歯周病は早産、低体重児出産の危険性が7.5倍高くなりますし、歯周病菌、むし歯菌は母子感染です。


なのに妊婦歯科健診の受診率は3割以下!!!!(゚´Д`゚)
この数字はショックです。

体調も変化し、忙しいとは思いますが、妊娠を期に検診を受けること、もっと言えば妊娠以前に予防、治療を行えるといいですね(^○^)



香嵐渓。まだ紅葉30%くらいだったけどすごく混んでいた!

役立つ情報 | Comments(2) | Trackbacks(-)

カリッ サクッ モチッ ジャリッ


食感って食事をする上でとっても大事な感覚ですよね。

その感覚は歯を支える歯根膜(しこんまく)が感じています。

歯根膜とは、歯と、歯が植わっている骨をつなぐコラーゲン繊維。
歯のクッションの働きをしています。




歯は骨の中にコラーゲン繊維という紐でハンモックのようにぶらさがっているイメージです。



このコラーゲン繊維には、感覚を感じ取る受容器が分布し、歯ごたえ、異物などを瞬時に判別しています。


アサリの中に砂とかパスタのアルデンテとか。
歯根膜で感じているのです。

歯根膜がなかったら、わたしのすきなポンデリングも、オールドファッションも、フレンチクルーラーも、ぜーんぶおんなじ食感なのかもしれない、、、
(まぁ実際は粘膜でも感じているのだけど)

そう思ったら歯根膜様あっぱれですね~。

役立つ情報 | Comments(0) | Trackbacks(-)

医療費30%減

8020運動をご存知ですか?

なんと、残っている歯が20本以上の高齢者は、4本以下の高齢者に比べ医科の医療費が30%以上も少ないという報告があるのです。
やっぱり歯って健康に大事な役割がありますね。


歯を残すために簡単で効果があることのひとつに定期検診があります。


歯ブラシは万能ではありません。
家でのハミガキができているから大丈夫とは限りません。プロフェッショナルケアでは取る汚れの古さと場所が違います。


もちろん、定期検診に通っている方々は、痛い時にだけ行く方々と比較すると、歯を失う本数は明らかに少なくてすみます。
差がでてくるのは50歳前後からといわれます。



それになんと驚くことに、定期検診に通っている方は、必ず年4回通っているにも関わらず、痛い時にしか行かない方と比べ、受診回数も治療費も少なくなるとの報告もあります。



しかし、日本での歯科定期受診率は14%(2009年)、北米の54~67%と比べてかなり低い!

私たちが定期検診の重要性をきちんと伝えることができていないということがわかります。。。がんばります。


今日は川口先生とかき氷を食べに岐阜まで行ってきました。
かき氷に2時間半も炎天下の中待ったんです!!



でも、ふあっふあっで苺の味そのまんまで、待った甲斐がありました。

では。
役立つ情報 | Comments(2) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。