FC2ブログ

シバタ歯科Drブログ

歯科医師による、勉強会、セミナーなどの記事中心!
2019年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 院内セミナー
CATEGORY ≫ 院内セミナー
       次ページ ≫

研修医ブログスタート!

今回からブログで研修医の日常を紹介していこうと思います!
先日、ニッケルチタンファイルの勉強会がありました。
神経の治療の時に使うもので、ステンレス製と比べて弾力があり迅速に根管治療ができるのが特徴です。
研修医も実際に体験させてもらいました

定期的に勉強会が開かれるのもシバタ歯科のいいところです
院内セミナー | Comments(0) | Trackbacks(-)

第一回MFT勉強会



昨日は診療後にMFTの勉強会をしました。

MFTとは、口腔筋機能療法、口のまわりの筋肉を鍛えること。

口をボーッと開けている子、まわりにもいっぱいいますよね!?
それで歯並びまで変わってしまう可能性があることご存知ですか?

歯は常に動いています。口の筋肉の弱い部分を鍛えれば、歯並びも変わります。

体の筋トレとおんなじ♪



今回体験したのは唇を閉じる筋肉を鍛えるものです。

このピンクの部分を歯と唇の間に入れて紐をひっぱり、唇の筋肉でピンクの部分が口の外に出ないようにします。

バネ量りでどの力までかけられるかはかります。



目標は1.8kg。結構強い力です。
わたしは0.8kgでしたよ。とほほ。



シバタ歯科で今MFTは衛生士が中心に行っています。ドクターも簡単なMFTを診療の中に取り入れていきたいと思います。
院内セミナー | Comments(0) | Trackbacks(-)

部分矯正の勉強会



この前の日曜日は、いとうデンタルクリニックの伊藤智美先生に部分矯正の院内講義をして頂きました。

矯正といえば、歯並びをなおすために全ての歯にワイヤーを通すものという認識が一般的だと思います。

そのような矯正を全顎矯正といい、それに対して部分矯正とは一部分にだけワイヤーなどをかけ、一部だけを動かします。
そして多くは歯自体の保存、または歯の神経を保存するために行われます。

抜かなければいけない歯や、かぶせものなどができない歯の治療の選択肢が増えるのです!


一通り講義を聞いてから実際にワイヤーを曲げる実習もさせてもらいました。

今回はこれ。寝てしまった歯を起こすワイヤーです。


わたし大学に入るまで、こういうワイヤーって工場で量産されているとおもっていました。
でも一つ一つ人の手で曲げています。そりゃ歯の大きさや並び方人それぞれですからね。

一人一人にマンツーマンで教えてもらいます。



伊藤先生が「わたしがうまくいかなかったときとうまくいくようになったときの違いを皆さんに伝えれば早く上達すると思って」とおっしゃっていたのがとても印象的で、素敵な先生だと思いました。

講義もとてもわかりやすく、どんどん頭の中に入っていきました。
伊藤先生、ありがとうございました。明日からの診療に生かしたいです。

院内セミナー | Comments(0) | Trackbacks(-)

佐藤幸司先生の勉強会

先週の日曜日は、歯科技工士の佐藤幸司先生が、咬合調整(かみ合わせの調整)の勉強会を開催してくれました。




佐藤先生は、佐藤補綴研究室の技工士さんで、日本でただ1人のBPSテクニカルインストラクターとして、技工士向けのインストラクターをされています。

ちなみにBPS (Biofunctional Prosthetic System) 生体機能的補綴システムとは、システム化された超~~精密オーダーメイド補綴物の制作方法。





そんな歯科界でかなり有名な先生がもったいぶることなく講義をしてくれ、質問にも答えてくれました。

その後は懇親会。




ここでも質問し続けるシバタ歯科のドクターや技工士さん。
面白くて気さくな佐藤先生、あっという間に5時間近くの時間が経っていました(^O^)

佐藤先生お忙しい中ありがとうございました。

院内セミナー | Comments(0) | Trackbacks(-)

歯の神経を取るってなに?

この間、デンツプライさんがニッケルチタンファイルの勉強会を開いてくれました。



ニッケルチタンファイルとは、歯の神経の治療をするときに使う器具です。


(神経の治療とは、「神経をとる」ともよく呼ばれますが、根の先まで細い器具を到達させて削りとり、綺麗にすると同時にお薬を入れるための道を作ることです)


歯の根を模したプラスチックブロックに、ニッケルチタンファイルを用いて道を作る川口先生。


研修医も目が本気です。

ニッケルチタンファイルであっという間に道ができました。

これからも新しい器具を取り入れ、よりよい医療が行われるよう研修、研鑽いたします!
シバタ歯科の基本理念ですね。
院内セミナー | Comments(0) | Trackbacks(-)