シバタ歯科Drブログ

歯科医師による、勉強会、セミナーなどの記事中心!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月

8020をご存知ですか?

歯の健康は、心身の健康に直結することから、生涯にわたり自分の歯を20本以上保とうという8020運動が推進されています。

岡崎市では、8020を達成された方は表彰を受けることができます



8020表彰を受けるには、愛知県歯科医師会会員の歯科医院にて健診を受け、歯科医師からの推薦が必要になります。対象は、

①愛知県内に在住で、表彰を受ける年度に80歳になるかた。もしくは、80歳以上で以前表彰を受けたことがないかた。

②自分の歯が20本以上残っており、十分機能していること。



厚生労働省の2016年の歯科疾患実態調査によると、8020を達成した人の割合が51.2%という結果が出ています

いつまでもご自身の歯で噛み、食事を楽しみ、健康で若々しく、笑顔で過ごせるように、歯を大切にしましょう

未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

口腔外科学会

口腔外科学会のため京都へ行ってまいりました。



麻酔に引き続きポスター発表をしました



口腔外科は学会の中で最も会員数が多く、その規模の大きさに圧巻されました

久しぶりに大学の同級生にも会えて嬉しかったです

未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

歯科麻酔学会

歯科麻酔学会に参加してきました。



松本は少し寒く、お天気はずっと雨でした☔️

私は初めてのポスター発表もあり、すごく緊張しましたが、貴重な経験となりました



未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

再生医療

私達の血液の中にはフィブリンという物質があります。

このフィブリンは多くの成長因子を持ち、骨や歯肉などの治癒を促進する成分を含んでいます。

シバタ歯科では自己血液から取り出したフィブリンを、骨や歯周組織の再生や傷口の早期回復のために、インプラントや歯周外科を受けた患者様へ使用しています

採取方法は、まず採血を行います



血液はガラス管とプラスチック管にそれぞれ採取し、遠心分離器に15分程度かけます。



プラスチック管から抽出したもの(AFG)に骨補填材を混ぜるとゲル状に固まり、骨の再生を誘導します。





ガラス管から抽出したもの(CGF)は成長因子や血小板を多く含み、骨充填剤や骨を増やす膜の代わりに使用します。



このような再生療法の利点は、患者様から採血した血液に添加物を一切加えずに作製できるということ

つまり、拒絶反応やアレルギーなどが出にくく、比較的容易に外科処置部位への骨再生や早期治癒、感染予防、止血効果などが期待できるということです


骨が足りずインプラントが困難だと言われた、、、なんて方も、一度シバタ歯科にご相談にいらして下さい

未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

新しい先生

辻 正紀です。



今年の8月からシバタ歯科に勤める事になりました。

出身大学は、朝日大学です。

出身は山口県宇部市です。

趣味は、釣りを最近始めました。



頑張りますので、宜しくお願いします。



未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)